曖昧糢糊

文字を喰らい、文に喰われる。活字中毒の独り言。

大人の事情

『大人の事情』って都合の良い言葉だな、と。

 

20歳を過ぎて、その言葉の裏側を知るようになった。

同時に、その言葉を使うようにもなった。

 

こうやって、一歩ずつ、着実に、ずるい大人になっていく。

 

それでも見たくないものから目を逸らさないのは、きっと僅かばかりの罪の意識。

 

『大人の事情』

 

そうやって、その一言で。

 

自分の心にも蓋をして、気持ちに折り合いをつけて。

これから先も、なんとなく生きていくんだろうな、と。

 

恋も、愛も、仕事も、勉強も、自由すらも。何もかも。

 

 

 

…なんて。

少しだけ、センチメンタルさを零してみる。